ご挨拶

はじめまして。後藤安賀里と申します。

20代、フランスで夢を追いかけました。
現地で結婚をし子どもを授かり、生きる国をたがえ日本に帰国し出産。

出産後、京都大学に就職。
京都大学では、行政手続きから病院財務に経緯管理、病棟建設の再開発事業に携わりました。

2016年、新しい生き方を模索するなかで前職を退職。
翌年には、退職後の活動がNHK総合の番組や朝日新聞のデジタル紙にて「新しい働き方」として紹介されました。

現在は大阪市内でakaratoli(アカラトリ)という事業所を営んでいます。

クラウドからコミュニティの運営をサポート

タロットを扱う
「うらないば」の運営

レンタルスペース
「あかりば」の運営
また1年間に50回以上の読書会などのイベントを「あかりば」にて開催。
大阪府の男女共同参画推進財団からの依頼によりセミナー講師を務めるなどもしています。

 

<ビジョン>

安心感と喜びがあふれる還り場をつくること

自分自身の名前である「安賀里」がわたしのビジョンです。

「安」には、安心、ほっとする、いやされる、という意味があります。
「賀」には、誰かをお祝いする、祝福する、という意味があります。
「里」には、還ることができる場、という意味があります。

人が人生という冒険をするためには、安心感が必要です。そして、いつでも喜び合える仲間がいること、還る場所があること。

それは、誰かのなにかのきっかけとなる場であり、誰かの寄り添いとなる場です。

アカラトリは、そんな場作りをしていきます。

<使命>

その人がもつ「ビジョン」を形にするためのサポートをすること

この「ビジョン」を成すために、その人がもつ「ビジョン」を形にするサポートをします。

ひとりひとりの「ビジョン」が現実となり、心豊かな世界が創造されます。
「できない」ことを人に頼り「できる」ことで貢献する循環の世界が広がります。
誰もが好きなことを好きなように自分の意志で選択できるようになります。

<事業>

【ビジョン】と【使命】を成すために、具体的に以下の事業をしています。

  • コミュニティ運営サポート
  • うらないば(タロット)
  • あかりば(レンタルスペース)
  • 読書会(あかりばを使ったイベント開催)
  • 古書の販売

▶コミュニティ運営をサポートします

法人の事務局運営やHP作成などのサポートをします。
お気軽にお声がけください。

▶うらないばでタロットを扱います

「種の書物」と称されるタロットを継ぐ活動をしています。

ご希望の方には、タロットリーディングも承っております。

悩みや課題をギフトに変え
決断と実行を進めるために
タロットの情報を活用してみませんか?

▶「あかりば」を提供します

6人程度のプチセミナーやお話会、お茶会などが開けるセミナールーム
個別相談や個人セッション、カードリーディングやセラピーなどでご利用いただけるセッションルームがあります。

【セミナールーム】
6名定員の講座やセミナーにお使いください

【セッションルーム】
個人セッションなどでお使いください

▶読書会を定期開催しています

読書会から、行動のきっかけづくりをお手伝いします。

読書会のご案内

▶本の中古販売をします

読書会で扱う本を中心に、これは「読んだ方がいい!」と自信を持ってオススメする本を厳選して販売しています。

読書会で扱うため古書販売となりますが、皆さま丁寧に扱ってくださるおかげで、状態のいいものばかりです。

どうぞ、akaratoli(アカラトリ)をよろしくお願いいたします。
 

後藤 安賀里
フランスでの結婚生活を終え、娘を出産。帰国後、京都大学にて、病院財務に経緯管理、再開発事業に携わる。
仕事と子育てとの両立に悩み、心の勉強を始める。同時期に、「性犯罪」のトラウマがある私が、「心と体はどうやって守ることができるのか?」の自問を繰り返し、心と性を扱うセラピストとなる。
2016年に京都大学を退職。翌年には、退職後の活動がNHK総合の番組や朝日新聞のデジタル紙にて「新しい働き方」として紹介される。現在は、大阪市内で古書販売を行うコミュニティサロンを運営。1年間に60回以上の読書会などのイベントを開催。大阪府の男女共同参画推進財団からの依頼によりセミナー講師も務めるなど幅広く活動をしている。